株式会社 REVA不動産 > 株式会社REVA(リーバ)不動産のスタッフブログ記事一覧 > 空き家所有者様へお伝えしたいこと

空き家所有者様へお伝えしたいこと

≪ 前へ|空き家相談   記事一覧   空き家の残置物を考える|次へ ≫

空き家所有者様へお伝えしたいこと


空き家の売却を考えている方へ

空き家の売却相談を多く受けますが、皆さんなるべく高く売却したいとの要望を受けます。出来る限りご要望にお応えできるように売却依頼を受けた場合には全力で販売します。しかし、売却するタイミングで手残り額が大きく変わってしまうので、高く売れたとしても多額の税金や経費がかかり、手残りが少なくなってしまうことが多くあります。そこでなるべく高く売りたい=手残りを多くしたいというご要望に応えるために必要なことがあります。

なるべく早く売却する

単純ですが、このことが手残り金額を多くすることに対して非常に重要になります。

早く売却することで受けられるメリットを見ていきましょう!

<空き家の発生を抑制するための特例措置>

空き家を売却して所得を得ると譲渡所得税がかかります。
売却金額から経費を差し引いた金額に対して最低でも20.315%の税金がかかります。(長期譲渡)

物件売却金額1200万円、経費が200万円かかった場合

1200万(物件価格)-200万(経費)=1000万円(譲渡所得)
1000万(譲渡所得)-203.15万(長期譲渡所得税 20.315%)=796.85万

このように税金が負担となり手残りが大幅に減ってしまいます。
先程もう押し上げました「なるべく早く売却する」ことでこの税金の負担を軽減できる可能性があります。

空き家の発生を抑制するための特例措置は空き家となった被相続人の昭和56年5月31日以前に建築された住まいを相続した相続人が、耐震リフォーム又は建屋解体後に譲渡した場合、譲渡所得の金額から3000万円を特別控除するというものです。この適用を受けるには相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までであることとなっていますので、販売期間も考慮すると早く売却を決断したほうが手残りは多くなる可能性が高くなります。

不動産は相場があり、極端に高い金額で取引されるのは稀です。よって物件を高く売ることも大事ですが、税金の控除が受けられれば活用し、建屋の解体に県や市から補助金が出ればそれを活用することで手残り額を大幅に増やすことが可能になります。そして所有しているだけで負担しなければならない固定資産税からも解放されることになります。

今後空き家が増えていくことは間違いありません。空き家が増えれば流通する中古住宅や土地が多くなります。不動産の価格は相場で決まるので、不動産が多く流通すれば相場が下がる可能性は高まります。よって税制面からも相場からも最終的に不動産を手放すなら早めの方が良いと判断しています。






≪ 前へ|空き家相談   記事一覧   空き家の残置物を考える|次へ ≫
  • 古屋(空き家)付物件特集
  • 売却査定
  • 不動産情報コラム
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社REVA(リーバ)不動産
    • 〒426-0005
    • 静岡県藤枝市水守3丁目21-7
    • 0800-111-4933
    • TEL/0546314933
    • FAX/054-631-9604
    • 静岡県知事 (1) 第014314号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 更新情報

    2022-01-30

     株式会社REVA不動産は

     藤枝市の空き家対策に

     取り組んでいます。



    2022-01-29


    2021-12-18
         

    更新情報一覧

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る